Zecken情報       

 

娘がツェッケンに噛まれてしまい、大騒ぎでした。

これは、ダニの一種なんですが(蜘蛛に似ている)ものによっては凄い毒?を持っていて、(入院、死に至る場合も)予防接種もあるくらいなんです。

娘は、学校で手に付いている黒いものに気づき振り落としても落ちないので先生のところへ行ったところちょうどツェッケンが血を吸おうとしていた段階だったそうです。
先生はボンドを取り出しその部分につけて(初期段階のみ有効)動きを止めたそうなんですけど、娘はちょうど体育で腕を出したまま見学させられたんです。
おまけに、ピンセットがなかったからってそのまま帰宅。
せめてとって頂戴よと言いたかった。

初体験の私は大慌て。
この虫は頭から皮膚に食い込んで血を吸うので取り難い。おまけに何も残さず引き抜かなければならないとか、噛まれて24時間以内に抗生物質を飲まなければ命の危険があるとか・・・
いい加減な知識を持っていたもので、ただ焦るばかりで結局知り合いのドイツ人にHELP。
引き抜いてくれるかと思いきや自分でやれと言われこれがなかなか引き抜けない。結局足を一本残したまま友人に・・なんとかとって病院に行きました。

病院で初めて知ったことなんですが、赤くはれ上がってこなければそのまま放置して良し
腫れあがって来れば、再度病院に行き抗生物質を貰うということでした。
(今回は近所の小児科宛に診断書を書いてくれました。)

今年(2003年)は大発生しているそうで友人曰く、飼い犬に一日に6匹もいたとのこと。
家の壁に血を吸ったツッケンが張り付いていたのも見たそうです。犬は平気なのか???

この予防接種は、一年に2回、翌年1回でワンセット
絶対的な効き目はないようだし。
小さなお子様の場合、親が体をすみずみまでチェックする必要ありですよね。

アポテーケでツェッケングッズを何点か見つけました。
引き抜き専用のものがありました。
私、6時間効き目ありというツェッケン除けスプレーを購入してまいりました。

旅行で南ドイツへ来られる際には
特に危険地域があるので(地図がアポテーケに
張り出してありました)お気を付けくださいませ。

友人は5歳の息子さんが8ヶ所もさされていたそうです。
しかも、自宅近くの公園で。
 幸い我が家はまだ被害にあっていませんが、どきどきしますね。
 毎日子供を裸にして念入りにチェックしなくてはなりませぬ!
イマドキ自然と戯れるときは、この暑さですが、長ズボンがいいそうです。

うちも先日1歳になったばかりの子供の腕に噛み付いてました。幸い特に腫れたりはしなかったんですが、よりによってこんな小さな子も噛み付かなくとも・・・と思いました。
うちの近所の公園でだったので、こんなところにダニがいるんだ、とそっちにもびっくり。

うちの市内では、Zeckenのいる場所を発見したら市に知らせてください、などとお知らせがありました。
(知らせなかったけど)。

4月に、加入している健康保険が主催で、赤十字協力、というErste Hilfe fuer Kinder(子供用応急手当)の講座に参加したんですが、赤十字の講師(もちろん現場で働いている方です)いわく、

食らいついているダニを発見したら、 指先の爪でひねってねじるようにして取れば、ちゃんと足まできちんと取れるとのことでした。

専用 ピンセットがなくても、ひねってねじれば取れる、
そのために彼女は夏は必ず親指と人差し指の爪を少し長めにしているんだ
、と言ってました。
ご参考までに。

虫除け&ツェッケン除けがアポテケで売っているそうです。
スプレーと塗るタイプがあって、スプレーのほうが、服の上からもガードできるので便利だそう。いろいろあるそうですが、私が教えてもらったのはうろ覚えですが「Antern」とか言う名だった気がします。

 

 

SEO [PR] Mtg @ Yi ^T[o[@SEO