コンタクトレンズ

Q 使い捨てコンタクトレンズを、ドイツで買われている方いらっしゃいますか?    ドイツでも買えるものでしょうか。
 もしかして、コンタクトは、保険適用になりますか。
 洗顔石鹸などはどうでしょうか。硬水では、アルカリ性の純石鹸成分の入った石 鹸は、あわ立ちがよくないと聞いたことがありますが、いかがでしょうか。

A 洗顔石鹸は、こだわりがあるのならば生活に慣れるまでの分は持参したほうがいいかもしれません。わたしは、あまり化粧品にまめではないので、見つけられないだけなのかもしれないけど、いわゆる「ポンズメイク落し」のようなものは発見できていません。
 なんでもいいというならば、ニベアとかダヴとかの洗顔料はあります。ミルクタイプのものが多いです。また、高級化粧品の類も日本より安く手に入りますがそのラインナップは日本とは異なります。
 日本から持ってきた石鹸(純石鹸)でも我が家は違和感無く使っていますが、場所ごとに水の硬度が違うのでなんともいえません。
 ただ、石鹸ならどこでも売っているので(安価物も高価なものの)持ち込む必要もあまり無いかもしれません。 でも、繰り返しますが、こだわるものがあったり、不安なら少しは持ってきたほうが無難です。

 すべてのものに言えますが、迷っているもので持って来る体力的、容量的、金銭的余裕があるのならば、当面の分は持ってこられてはいかがでしょうか?
 とくに消耗品は使ってしまえばいいだけのことですから。渡独当初の精神的な負担が軽減されると思います。

 いくら、ここで手に入りますといっても、住む町で、住む場所からは店が遠いとかそのものを買うのに店がわからないとか、店に行ってもどれを買えばわからないとか実際暮らしてみるとそういうことはあるはずです。
 最初は買うものすべてがそうです。毎日の食料から電球1個から確かめながら買うしかありません。 楽しいのですが、結構面倒です。なので、そういうストレスを減らすためにも気になるなら当面分持ってくればいいと思うのです。
しばらくすれば、自分に合う洗顔料をゆっくり探索に出かける余裕もでてくるかもしれませんし、町の具体的な情報が手に入ると思いますよ。

 

A コンタクトレンズ、私も使っていないのですが、主人が目が悪いのでその話いわく、眼科の処方箋が必要なものなので、単にめがね屋に行って手に入るものではないです。そして、保険適応です。(自己負担がたとえば6割とかあったはずですが、自己負担率は保険によります。高い保険をかけていれば、全部保険払いだったり。)

洗顔石鹸ですが、私も当初日本からごっそり段ボール箱ごと持ち込みました。
すっごく気に入っていて、石鹸はこれしかない。とほれ込んだものでした。
しかし、やっぱり硬水。ぜんぜん仕上がりがちがいます。
日本で使っている感触とは異なるのです。
日本ではあんなに泡がぶくぶくなのに、こっちでは、え?こんだけ?だし、
すすいだ後の残る感じもなにか違います。

結局ほとんど使わず、約3年も家で在庫と化しています。
やっぱり化粧品も郷に入れば郷に従え。。が私の感想です。
(しかし、無いんですよね。。無香料とか、微香料で肌に優しいというものがこっちには。。ダブもすごい香料だし)
数か月分を日本から持ち込み、あとは、その間に現地物をいろいろ試して合うものを探してみてはいかがでしょう?

わたしは、結局合うものがなくて、石鹸や化粧水自作にまで
発展しました。すっごく桁違いに安上がり(でも手間隙がすごくかかる)で、肌にいいですから、がんばる気があったら、おすすめですよ。

A 使い捨てではないソフトコンタクトを使っています。

こちらでまだコンタクトを購入したことがないのですが、保険によって使い捨てコンタクトのカバーが違うと聞いたことがあります。具体的には1週間はだめだけど2週間ならOKとかです。保険会社によってカバー範囲が違いますので、確認なさった方がよいかもしれません。

それとこれも「ほんとーに?」と思いたくなるような噂なのですが、こちらのソフトコンタクトは日本のより一回り大きいそうです。
目玉の暴露範囲が日本人とはかなりちがって広いから本当かな〜という気もしないでもないですが。

なおお手入れの洗浄液は日本で使っていたものと同じオールインワンタイプの物を使っています。
こちらではドラッグストアでは扱ってなく、眼鏡屋さんでの購入となります。

 

A 「レンズが大きい」の件ですが、それはドイツだからではなく、元々コンタクトレンズには度だけでなく大きさがあるのです。
参考までにですが、私が使っているJohnson&Johnsonの一週間使い捨てのタイプでも2種類あります。ハードコンタクトレンズはもっと細かく分類されてます。
日本人は欧米人に比べて眼球のカーブがゆるいので、レンズの大きさが小さかったように思います

A 私はまさに使い捨てソフトコンタクトレンズを使っています。
1ヶ月使い捨てタイプでなんと一枚5ユーロです。日本より断然安く買っています。
そのお店が特に安い、というのはあるかもしれませんが、他の店でも日本よりは安いのではないかと思います。
すでにずっとコンタクトを使っていると言ったら、度数だけ聞かれて、検査も処方箋も何もいらずにすぐに買えました。ちなみにハイデルベルクです。
何しろドイツは地域性が高いので場所によって事情が違うかもしれませんが・・・

A こんにちは。使い捨てではないO2透過性ハードレンズ(メニコンZ)を使っています。
デュッセルドルフとフランクフルトには、めがねの三城さん、ありますよ。オール日本人スタッフが、オール日本語で(当たり前!)対応してくれます。コンタクトレンズ取扱店です。
使い捨てレンズの販売及び宅配をしてるかどうかはわかりませんが、問い合わせてみるのも良いかもしれません。ホームページもあります(と、いっていました)。
それと、私も日本にいたときオールインワンタイプの洗浄液を使っていましたが、デュっセルの三城さんに、”ドイツの洗浄液は保存洗浄のみで、蛋白除去液が入ったものはありません、蛋白除去は別に週1でやってください(プロテオフというんですが)といわれました。
保険に関しては、私の入っている保険は年間いくらまでの保証、というもので、十分カバーできる金額でした。私はまさに使い捨てソフトコンタクトレンズを使っています。

ブラウザの<<閉じる>>ボタンでお戻りください。

SEO [PR] Mtg @ Yi ^T[o[@SEO