現地の学校いろいろ難問
ドイツ語がわからない。しかし、ドイツの現地校しか、入学させる選択肢がない地域に
住んでいる場合は、 それでも現地校へ子供たちを通わせなければならないということも ある。

そして、当然のごとく、 さまざまな問題が発生する。 下記のような問題が生じました。




長女は(2年生)は学校から2泊で旅行に行きましたが、言葉がわからないから何かトラブルが起こりそうな気がしてたのですが、やっぱり嫌な思いをしたらしく、帰っ てきてから泣きました。

4人で一部屋だったのですが遊びに入れてもらえず、 まぁもちろん言葉が分からないから一緒にカードゲームなどできないけど、娘はただそばで見てるだけでよかったのにそれすりぁだめ!みたいにされて、部屋から締め出されたそうです。扉をたたいても開けてもらえず、廊下で泣いていたそうです。

他の子がフォローみたいなのをしてくれたみたいですが、やはり、2年生の子に外人の子の世話を一日しろというのが無理だろうし、「あなたどうせわからないのだから向こう行ってよ!」と、言う感じだったのだろうとは思いますが・・・
結局、その3日間、同室の子達からはほとんど無視状態で、自由時間は持っていった本をずっと読んでいたみたいです。

今回のことで娘はとても傷ついたと思うし、家族全員とてもつらかったです。私も親として、旅行に参加させるのは早すぎたのか、もっと先生に詳しく、何をするための旅行でどういう風に時間を過ごすのかとか聞くべきだったのかと後悔してばかりで。
私もその旅行の持ち物プリント読むだけでも精一杯だったのが正直なところでした。

後日主人が担任の先生と話をして、先生はいろいろ生徒とか父兄に娘のことをフォローするように声掛けてくれてる見たいなのですが、現実やはり難しいですね。意地悪をした子達は、娘がドイツ語が出来なくて、面白くないからやったと言ったそうです。

そして、まだ問題があるのです。
上級生の子(多分4年生)の子が突然階段の踊り場で娘の頭をたたいたり、つきとばしたりするのです。もう、これはひどすぎます。
けがにつながるのですよ!

特定の子ではなく、その時、その時で相手が変わるのですが、なぜ!
娘はもちろん何もしていません。階段を降りていると突然されるのです。日本人だからですか?

ある程度のからかいなどは予期していたし、現実に「れろれろ」(多分、日本語をまねして言ってるのだと思います)とか、言ってくる子はいます。それも、嫌な気分で聞いてたけど、娘達には我慢するように言ってきました。
もう、私は神経質になってしまって、うつ病になりそうです。
先生に相談して、今調査中です。


言葉がわからないから、意地悪をするっていうのも辛過ぎますよね。 お嬢さんは、落ち着きましたか?
まだ、心にわだかまりをもって学校に通われていますか?学校に対しては、なんとかおねがいしますね。っていう低姿勢ではなく、
断固抗議!!という姿勢で、

「意地悪をした子達は、娘がドイツ語が出来なくて、 面白くないからやったと言ったそうです。」

↑こういうことを絶対に許さない!という雰囲気作りが大切かもしれない。

頭をたたいたり、つきとばしたりすること、もう、これはひどすぎます。これについてですが、もし私がおなじ立場だったら、まず、法的に訴える(外面というか、そういうそぶり)ような行動を起こします。学校や、その父兄側に対して。で、まずは、弁護士の互助会というのがこの国には存在しますから、それに加入をお薦めいたします。(もう入っている?)保険で弁護士の費用が賄われるので、なにかと、トラブルに巻き込まれて困ったことになる外国人には便利な制度です。周囲にわかりやすく、危害を加える場合は、法的手段と言う方法が
あると思う。
学校側にも父兄側にもあの日本人になにか危害をくわえたら、大変なことになる。
という危機感を持ってもらう良い機会になるんじゃないかな。
学校側もきちんと気をくばらねばならないと思ってもらえるし。

しかし、問題なのは、無視をするなどの精神的ないやがらせのほうが具体的な策がとれなくて困りますよね。お子さんに対しては、日本語はさておき、ドイツ語超強化させるかな。

 

これは厳重に抗議なさったこととは思いますが,
 書面で,安全に問題がある。
 もし階段から墜落したらどうするんだ!
 どうなっているのか早急に正式に話し合いたい。
という抗議をすぐに書いて担任のみならず,校長に渡したほうが良いです。

自分の子供に危害を加えることはなんとして許さんぞ!
という姿勢を示さないと,担任によっては放置されます!

また,ドイツ語が堪能な方,できればドイツ人,に事情を話して話し合いに参加してもらってください。もちろんドイツ人でなくて日本人通訳でもかまいませんが,もしかすると外国人をあまりよく思わない学校,または教師なのかもしれません。
他人が入ることによって,公式な雰囲気になり,学校側も動かざるを得なくなります。

学校の様子はどうですか?外国人はいますか?アジア人はいますか?
私が思っていたよりも学校の受け入れが入れが悪く感じます。

もちろん シンシャオエン とか,レロレロ とか言われること、はこれは
多分避けては通れない嫌がらせです。これはホッテオク、または, Ich weise nicht、Das ist kein Japanischといってやり過ごすのが良い方法かと思うのですが。

私の長男は 扱いづらい子供です。なじみずらいし,良くしてくれる子供に対してさえ,つっけんどんな態度をとってしまうほど,プライドが高い子供です。(でも実力はないのよ!!)

この子供をこの1年半で2人のドイツ人教師が担当しました。
この二人が取った共通の方法


・ソウシャルスキルに優れ,かつ当たりのやわらかい子供を長男の周りに置く!
 (もちろんこんな理想的な子供がそう何人もいるわけがない ので,明るいだけ,とか,お勉強はそんにでもないけど, やさしい,といった子供たちですが。)

何がいいたいかと言うと,
 お嬢さんの旅行に際して,同室の子供を選ぶに際して、 (部屋を決めるに際して)教師がこういった 配慮をしたかどうか?
ということです。もちろん,いつも特別な配慮を必要とされても対応できない、といった面はありますし,子供に試練を与えることも必要だとは思います。
しかし,きたばかりで言葉もまったくわからない子供が旅行に行って,何の配慮もなかったら,それは教師として日々の教室運営にも問題があると判断してよいと思います。

旅行で,何でお子さんは部屋から出されなきゃいけなかったのか, 先生とやった子供できちんと話し合いはされたのでしょうか?

もう時間が過ぎているので,
あれ以来子供が傷ついている,といった理由で旅行の件を蒸し返さないといけないとは思いますが,締め出した子供はあなたのお子さんに謝りましたか?

ドイツ語できない、という理由で部屋に入れないのは断固抗議です!
遊びに入れてもらえなかったというのはあたりまえですが,部屋に入れないというのはあまりにひどい!!

また他のお子さんがフォローしてくれた,ということはやはりどう考えても部屋割りが悪いんですよ!
このことも,あわせて手紙に書くとことをお勧めします。

うちの子供は部屋に入る権利がないのか?
どれだけ傷つけることをしたか,やった子供はわかっているのか?
先生とそのことについて話し合ったのか?
彼らはそのことについて反省しているのか?
部屋を決めるのはどういう基準だったのか?

何も腫れ物に触るように扱ってくれといっているわけじゃないです。
あくまで他の子供と同じような権利を主張する,ということです。

大変ですが,いざとなったらこんな転校だって可能ですから。
先生に遠慮する必要なんてないですよ。お子さんの心が一番大切です。

この親は 文句が多い ぐらいに思わせないとだめです!

うちの場合、クラスのほぼ半分が外国人です。
それでも、子供の前にきて、両手をあわせヘンな言葉を発したりたたかれたりしました。先生の見ていないところでするのです。

先生に目をかけてやって下さいと頼んでも、親の期待の半分以下の扱いしか受けてませんでした。(当時1年生の次女)かえって、ドイツ人の多い田舎の学校に行った子は気にかけてもらっていたので、あなたの場合は安心かと想像していたのです。先生に過度の期待はできません。

でも、担任の先生のほうからドイツ語を教えてあげると言ってくださったのは本当にラッキーです。〈娘さん大学生かしら)
担任の先生と常に接点があるっていうのは大きいですよ。
経験上、家庭教師として一番適しているのは、その学校叉はその近辺で以前先生をしていて、子育て中で先生を休んでいらっしゃる方です。
子供をギムナジウムに入れるまでは家庭にいるという人が結構います。小学校の先生とコンタクトがとれたり、日本ではありえない事ですが、学校相手に交渉してくれたり、発言力があります。

ちょうど、昨年の今頃クラスの女の子に訳もなく叩かれていたのです。
しばらく続きましたが、ある日を境になくなりました。
きっかけは算数のテストです。日本人は算数が得意ですよね。
早さも正確さもとても敵わないと思ったのでしょうか。
皆の見る目も変わったそうです。先生にも褒められ、自信にも繋がったようでとても明るくなりました。体育も工作音楽もきっと優位に立てます。
もうそろそろお子さんもそのあたりで実力を発揮されているのでは?

それと、上級生対策。親のできる事のほかにお子さんは他のお友達と常に一緒にいるようにしてその子達からも先生に訴えてもらう。
もちろん、日本語でもいいから大声をだして怒っていることを表現する。

学校はそこだけではないのですから、あまり頑張り過ぎないようにね。

私の元上司のお子さんが 国は米国でしたが 初登校の日にいじめられ
泣きながら帰ってきたそうです
それを知った元上司は職場から学校へ直行してものすごい剣幕で抗議をしたそうです
それが結果的に学校を動かすきっかけになったそうです
これは一つの例でしかありませんが 何か起こったら
お子さんを我慢させずに すぐに抗議という方法が必要なのかもしれませんね。。。

私は全く比較になりませんが 酔っ払いのおやじにフィリピン人か?とか タイ人か? と 大声で叫ばれたことがあります

ボンは昔首都だけあって 外国人に寛容な雰囲気があるということでしたが やはりそういう経験をしましたので 潜在的なアジア人蔑視があるのだな っと思いました・・・

 


私自身、今すごくこのことでナーバスになってて、どうすればいいのかわからなくなっていたので、皆さんが自分のことのように一生懸命考えてくれているのが本当に嬉しいです。
明日、主人が担任の先生と詳しい話しをすることになっていますので皆さんのお知恵を拝借して、どのように話を展開するか今晩二人で相談します。

旅行の後に主人が担任の先生と話し合ったとき、結局ドイツ語が話せないことが一番の原因であることには違いないので、先生のほうから自分の娘が教師の卵で以前外国人にドイツ語を教えたことあるから、来年から自分の家でドイツ語を習わないか?と言ってくれました。私たちも、とにかく早くドイツ語を覚えるしかないと思っていたのでお願いすることにしました。

上級生の子にたたかれていることを知ったとき、私はとてもショックを受けて、子供にすぐデュッセルドルフに引っ越して日本人学校に転校しようと言いました。
デュッセルドルフへは充分通勤できますし、現にそのようにしている人がいるとも聞きました。
これ以上つらいことを経験させたくなかったし、何よりも私自身が精神的にもたないと思ったからです。
でも、娘達はここにいたいというのです。そして、優しくしてくれるほかの友達と別れたくないと・・・
親より子供のほうが強いですね。でもあんまり頑張りすぎて他のことに影響が出てきそうで、私は怖いです。

娘の話を聞くと、旅行でのグループ分けはただ機械的に席順に4-3人でグループを決めたそうです。運悪く、そのグループの子だけが意地悪で他の子はそんなことをすることは全くないようで、毎日娘が遊んでる子供達を選んで先生がグループを作ってくれたらこんなことにはならなかったかもしれません。

悔やんでも、悔やみきれない今回のこと。とにかく、これから私たちが出来る全てのことをして、子供を守ってやるつもりです。

 

 

担任との話し合いでいい結果が出ることを祈っています。

 我が家は幼稚園だけですが,長男、次男ドイツの園に入れて(もう卒園&在園中) 言葉がわからないのに本当によくがんばっていると思っていました&います。

 あなたのお子さんはそれ以上に、すばらしい!!ただ、通っているだけで本当にすごーーくがんばっているんですよ。

うちの長男が園でいじめられたときは私は日本語でもその子ども自身に注意をしました。
最初はにやけていましたが、目をそらさず強い口調でいうと、何かは感じ取ったようでした。
そして、何よりそれを見ていた長男の表情がかわりました。日本語ででも抗議できるという行為自体におどろいたことと、自分を守ってくれているということを肌で感じたことが原因です。
 そして、「日本語でもいいから、はっきりいいなさい」と教えました。教えたからといってすぐできるとは限らないのですが、でもことあるごとに今でもいいつづけています。
 「怒っている」「いやがっている」ということは言葉を超えて伝わると思うのです。
黙っているとほったらかされます。
 そして我が家も「Nein」を大声で言う練習も何回もしました。

 それから、ドイツだからというのではないですが、お子様の前では担任やクラスメートの悪口を言わない方がいいと思います。(あなたが言っていると思っているわけではありません。老婆心です。)
もちろん、お子さんがいじめられたりしたとき、お子さんの立場にたって「○○ってやなやつだねー」とか言うことはあると思うけど、全面否定みたいなことはしない。
特に担任は子どもにとっては親みたいなもんですから、いわれてもこまっちゃいます。
勝手にかえられないでしょ。
夫婦の間ではガンガン言っていいですが、子どもの前ではどんな担任でも、いいところを見つけて「いい先生だ」と話すほうが、結局自分の子どもが安心、安定する気がします。

 ご一家にとって、よい結果が出ますように祈っています。

 

 

どちらかというと、その学校は純ドイツ人のしかもちょっと経済的に余裕のある家庭の子供たちが
多いのではないですか?
ドイツ人のイヤな面、ごう慢な所が出ていますね。

子供一人一人には、恐らくそんなにひどいことをしている…という意識はないのでしょうが、それをまとめて受ける方はたまったものではありませんね。
特に、2学年も大きな子が手を出すというのは、すぐに手を打ってもらわないと危険ですね。

お子さんが、転校しないでその学校でがんばる…というのであれば、彼女を守ってくれる仲間がたくさん出来るようにしてあげたいですね。

ドイツ人は、外国人に厳しい所はあると思います。
外国人とみれば、出稼ぎ労働者だと思っているような所があるんじゃないでしょうか。
(いったい出稼ぎ労働者の何が悪いのか、と私は思いますが…)
イタリア人の友人でさえ、理由もなくバカにしたような態度を取られることがあると言っていましたし、
ましてアジアとなると皆まとめていっしょくたですから。
(私も、チューチューチャンとかワケのわからないこと言われたりしますもの)

お子さんがドイツ語を勉強することももちろんですが、日本をアピールすることも1つの方法ではないでしょうか?
おりがみや、ポケモンのこと。
車や電化製品やゲーム機械のこと。
日本製のものがないうちなんてないのではないでしょうか?
親しみを持ってもらえるように、日本を紹介する時間を先生に作ってもらうというのもいいですよね。

最後に、
ドイツ人の子供も学校が合わなくて転校することがあります。
(ドイツで同じアパートだった家庭の子供…ちょっと太めでみんなにからかわれて、転校したそうです)
外国人だけが…ということはないようですよ。
子供の世界…というのは、遠慮がないだけあって時にとても残酷ですよね。
でも逆に、「いい」となったら、手のひらかえしたように仲間になってしまうのも事実ですよね。
どうか、お子さんにたくさんの仲間が出来ますように。

 

 


通ってる学校は、なんとなく雰囲気としては中級以上の家庭が多いような気がします。娘二人のクラスの両親を見ても、皆ちゃんとしてる感じがするし、お母さん達も結構英語ができます。まだ3ヶ月しか経ってないので何で判断をしたらいいのかよくわからないですが・・
今日、外国人らしき子供はどれぐらいいるのか、子供を迎えに行った時見てたのですが、アジア系は、6-7人位でしょうか(うちの二人を含む)。その中で、全くしゃべれないのは、うちの娘だけです。
後は、黒人系とトルコ系。多く見積もっても外国籍らしき子は1割くらいかな。でも皆しゃべれるというところが大きな違いなのでしょうね。
他の現地校ではどれくらいの割合で外国人がいるのでしょうか。

今日、先生と主人との話し合いでは、娘がたたかれたりするのは木曜日の4時間目の休み時間。トイレに行くときに、外から帰ってきたそのクラスの生徒と階段ですれ違うときがほとんどなので、その4年生のクラスは見当がついているのでクラスの担任に話をしてくれるそうです。
主人は担任の先生と話しながら、この先生は一生懸命自分達のためにやろうとしてくれてるという誠意を感じたらしいです。(あくまで、ドイツ人としてですが)

現地校に通っている子供をお持ちの皆さんが、何らかの辛い体験があることを知って、自分ひとりが・・・・と言う意識がなくなりました。
そして、皆さんが子供さんに言ったりしていることで、私も同じことを子供に言ってきたことがたくさんありました。
嫌なことを言われたら、日本語でいいから言い返すように!ということ、少しでも日本を理解してもらうように、折り紙のことを先生に言って、娘が授業中に「つる」の折り方をクラスの皆に教えたこともあります。メールを読みながら自分がしてきたとは間違ってなかったのだと救われる思いがしました。

まだ、何の解決もしてませんが少しでもいい方向に向かっていると考えたいです。

 

 

私ね、個人的な意見だけれど、同性は同性に対して冷たいな…と思うのですよ。
ドイツの女性に、ツライめにあわされることが多いんですよ。
男性の方が友好的だな…と思う。
(もちろん、個人差があるけれど)
   
私、子供のプレイグループで総スカン食ったことがあります。
何回かコースになったのに参加していて最終回の時だったんですね。
みんな主催者に花束とか用意していたのです。
私は初めからずっと参加していたのに(約半年)、一言も聞かれなかったの。
で、今後も連絡取りましょうね!って目の前で住所交換しているのに、
私には誰も聞きませんでしたね。
この時アブレたのが、私と、トルコ人のお母さん(彼女はこちらで大学も出ているしドイツ語に問題はナシ)。
もう純ドイツ人のグループ作ってましたよ。
  
最初は、自分がこうだから、うちの息子の可能性を奪っている…
とか考えましたが、そんな世界の狭い親に育てられる子供と知り合っても意味ない…と思えるようになりました。
その後、そのトルコ人のお母さんを含めて、自分たちで別のプレイグループを作りましたし。
そういう出会いがあったんだから、そのコースに参加したことを良し…としました。
   
こういうこと、日本でもあると思うんですよね。
日本人同士だって公園デビューとかで揉めるんだから。
   
何が言いたいのかちょっと支離滅裂ですが、ま、ポジティブに生きて行ければいいな…と思っています。

 

私の場合は引っ越し前に,トルコ人奥様たちにやられました。

イスラムの宗派の違いから,非常にやさしくしてくださる方もいらしたんですが,イスラムはものすごく男子を大事にする、という傾向があり, うちの息子になんかするやつはたたっきってやる!
といった母親が結構いまして,その子供も他の子供にいろいろするからトルコ人母同志でもよく,子供のケンかに親が出て・・おおもめ、そこにうちの子供がちょこっと参加しようものなら,すべての原因がアジア人にある,てことになりもう悲惨でした。

幼稚園でのことなんですが,先生がわかってくださっていた、というか先生ももうあきれていた,まったく因果関係がないこともうちの子のせいだとか言うから・・。でもうほっときましたけど・・・。

 もう人種が違うんだから,決して分かり合えないわ!ばかばかしい。と思ってやり過ごしました。

 


 

 



 

 

 


 

SEO [PR] Mtg @ Yi ^T[o[@SEO