HOME
ドイツ赴任レポート
その1

ドイツに赴任が決まった。いろいろ慌てふためき、何をどうしたら良いのか?
頭を悩ませる事だとおもいます。
荷物をだして、ほっと一息。今の心境をいろいろ伺ってみました。



1、どういういきさつでドイツ赴任がきまったか?

海外に関連会社や工場などがある会社に勤めてはいるのですが、
主人の仕事はまったく海外に縁がないと思っていました。
それが部署は変わっていないのに、海外での新しい事業が始まりまず、主人の後輩の独身男性がフランスに赴任が決まりました。
それを聞いたときは、ただただ「なんでパパじゃないの〜?!
フランス行きたかったよぉー!」とのんきにうらやましがっていた私。
その2ヶ月後に主人にドイツ赴任が言い渡されるとは夢にも思っていませんでした。


2、何年滞在される予定?

一応、3年と会社からは言われています。
・・・が、私としては、あの船便の荷造りが大変すぎて、それをまた約3年後にしないといけないと思うと、ユウウツでもっと先でもいいよ、なんて思っております。


3、ドイツにいくことが決まったときの気持は?

ドイツには私の母の幼馴染が住んでおり、母もしょっちゅうドイツに行き来してい
て、その方も日本に来るときは実家でいつもお世話をしたり・・・と私の中ではドイツはとても身近な国でした。

クリスマスにはドイツからプレゼントが届きますし、子供の服やおもちゃなども母がドイツで買ってきたものが家にもころがっていますし・・・。
いずれもう少し子供たちが大きくなったら家族で旅行したいと思っていた国でもありました。
最初はのんきに「海外で暮らせるんだ〜、でもどうせなら暖かい国がよかったよ」
って感じで喜んでいたのですが、だんだん事の重大さに気づくことに・・・。
とにかく「子供は海外でうまくやっていけるの?」から「この家はどうする?」「会社はどこからどこまで金銭面で負担してくれるの?」まで考え出したら頭が痛くなってきました。
私と主人は社内結婚でしたので、同期で仲の良かった友達が海外に赴任しているので、まずその子に連絡をとり海外赴任について色々とアドバイスをもらい一安心した・・・という感じでした。
ポジティブな性格なので(能天気とも言う)またすぐにわくわく楽しみになってきました。

4、ドイツに行くことがきまって、まずとりかかろうと思ったことはなんですか?

ネットでドイツのことをまず調べまくりました。
それでこのF-netも知ったわけですが。
フランクフルト周辺に住むということだけは、わかっていましたので子供の学校のことを調べました。
たくさんの日本人がいることに一安心。
それからドイツ語の本とガイドブックを購入。
ドイツ語の難しさに目がテン・・・・。
未だに進歩していません・・・・。


5、お子さんにドイツ行きを説明したときの反応、そしてその対策、対応はどうしましたか?

上の男の子が7歳(小学1年生)、下の女の子が4歳でした。
小さいころからずっとこの家に住んでおり、幼馴染がたくさんいる中で育ってきているので、長男は引っ越すということをとにかく嫌がりました。
まだ会社の辞令が内示の段階で「まだはっきり決まってないけど・・・」という感じで説明しましたので、本格的に辞令がでて赴任が決まってからも、「まだわからないんでしょ?」って彼は言い続けていました。
はっきりと「行くのよ!」とは言わず「多分行かないといけない」と言ってやっていましたが、「パパはずっとドイツ語の勉強をしているし、行くのはわかっているけど、まだ認めたくない」という感じの態度でした。

私の母や祖母がドイツの写真を見せたり、こんな経験は誰もができるわけじゃないのよ、などと話して聞かせていたようです。
1ヶ月ほどはドイツの話をするのを避けているようでしたが、(私も無理にはしませ
んでした)諦めがついたのか、私がドイツ語の本を広げて発音の練習をしていると
笑ったり、一緒に覚えたりし始めました。
少し興味を持ち始めたので世界地図を買って部屋に貼ったりもしました。
それからは、また3年後に帰ってこれる?、というのを何度も私に確認し、それを自分に言い聞かせているようでした。
いずれまた同じ学校とこの家に帰ってこれる・・・と。

ただ息子も私もとにかく残念で心残りなのが、野球でした。
1年生になって学校の野球チームに入り、毎週土日はとても頑張って練習して、それがだんだん楽しくなってきた矢先でしたので
せめて野球がもう少しメジャーな国だったら・・・と思いました。
でもそれも「あなたが学校で野球を広めて、友達集めてチームを作ってキャプテンになれば?」とアドバイスしました。
今は、仲良しの子たちに手当たり次第「ドイツに遊びに来てね」って誘いまくっています。

それに一足先に渡独するパパを見送った際に、飛行機に魅せられたようで飛行機の本と模型を欲しがり、「パイロットか飛行機博士になる!」と大きなことを言い出しています。今までは、「電車の運転手さんになる」と言っていたのに・・

下の娘はおにいちゃんが嫌と言っている間は、一緒になって「ドイツいやー!」お兄ちゃんがドイツのことを受け入れ始めると一緒になって「ドイツドイツ」と言い出し、わかってるのかわかってないのか?って
感じでした。


6、旦那さん、ご自分、お子さんのドイツ語に関する対策は?

主人は内示の段階から赴任まで毎日ドイツ語の教室に通わされていました。
毎日ドイツ語を勉強しに会社に行っているという生活でした。
私をはじめ子供二人は恥ずかしながらまったく何もしていません。


7、現在お住いの家は ドイツに居る間はどうされますか?
  
現在日本で乗っている車は、ドイツに居る間どうされますか?

家については、土地柄やご近所の友人など色々なことに恵まれ、とても気に入っているので手放すことはまったく考えませんでした。
幸い会社の借り上げ社宅の規定をぎりぎり通ったので、お願いすることにしました。
でも借り上げ社宅も他に10件ほど空いている状態のようで、多分借り手はつかないでしょう。
ですからその間は空家です。借り手がつかなくても家賃補助という感じで少しの額を会社が負担してくれます。月々のローン支払い額からはほど遠いですが・・。

車は、ちょうど車を買い換えようか、もう一度最後の車検を通すか、悩んでいた時期の辞令でしたので、思い切って手放しました。
車検の時期が12月で私たちの渡独が3月。車検を通すのはもったいないので
12月に売却しました。でも3月まで車がないのは不便なので売った車やさんに
相談すると売却額と同額くらいの車を手配してくれました。
ちなみに売却額はびっくりするほどの低額でしたので、かわりにやってきた車も平成元年のクラッシックカーです。。。
でも車がいるときだけレンタカーを借りようか?などと色々悩んでいたので助かりました。
なんでも事情を相談してみるものです。

8、引っ越しの荷物について、会社から、ドイツに持って行く荷物の制限(上限)がありますか?

船便で13立方メートル分(重さは関係なし)、航空便は80kgまで、という規定でした。(家族4人の場合です。)

その他の細かい制限は特にありませんでした。
ただ冷蔵庫と洗濯機などの水周りの機械ものは、船で1.2ヶ月かかると湿気などで壊れることがほとんどなので持っていくのはやめた方がいいでしょうとの事でした。


9、ドイツに持ちこまない荷物はどうされますか?

残った荷物は会社がトランクルームを借りてくれるのでほとんどそこに預けるつもりです。
ただトランクルームに預けてしまうと、帰国まで引き取れないので喪服やアルバムなどは実家に預けるつもりです。


10、ドイツへ出す荷物の区分で、船便と、航空便、この分類は何を基準にされましたか?

直前に出す航空便は規定が80kgです。でもパソコンだけでこの半分の40kgくらい
あるので、ほとんどの電化製品と家具は船便に乗せました。
でも直前まで使用する最低限の電化製品のうち炊飯器とトースターは、まだ使えますがかなり古くなってきているので新しいものを購入して船便にのせました。

で、直前まで使用したあとは捨てるか、使ってくれる人がいれば譲るつもりにしています。


11、日本の物で、これだけは、、と買い込んだり、集めたりしてドイツに送ったものは何ですか?

業務スーパーのようなところに行き手当たり次第買いまくりました・・・。

子供が切干大根やひじきなどの和食が好きなので、乾物類は結構買い込みました。
あと食品では、ふりかけ(とにかく色んな種類)乾燥うどん、そば、浅漬けのもと、梅干し、つけものなど。
調味料は、しょうゆはもちろん、みりん、カマダのだししょうゆ、とんかつソース、おたふくソース、和風ドレッシング、ゆず七味、乾燥ゆずの皮、わさび、からしなど。
あとはF-netでの情報でレトルトものが売っていないとのことでしたので、
レトルトカレーなども送りました。

注:ドイツでも都市部の日本食材店で売ってます!!とても高いですけど。

ただし肉が入っているものは没収ということなので肉の写真が載っている
パッケージを捨ててレトルトの袋のみにしました。

息子が和菓子派なので、小豆の缶詰やお餅、白玉粉などもたくさん送りました。
                注:アジアショップなどで売ってます。

お菓子ではおせんべいや柿のたね、なぜか「かっぱえびせん」などのお気に入りの
塩気のお菓子も。突然むしょうに食べたくなる気がして・・・。

食品以外では、かやふきん、ねつさまシート、子供の各種くすり、カイロ、コンタクトのスペア、ハブラシ(ドイツのものはかなり大きいらしいですね)折り紙、子供の本、ドリル、子供用学用品、音楽CD、子供用アニメや教育番組を撮りだめしたビデオ、私用お気に入りのドラマを録画したビデオ、ぼけ〜っと見れるバラエティ番組の撮りだめしたビデオ、家族分の肌着、靴下、パンスト、など。
私が活字中毒気味なので、古本屋さんでも手当たり次第色んなジャンルの本を
買いあさって送りました。

ドイツに行くと決まってから、やたらと和食器が目に付くようになり(ドイツで買え
ないと思うと余計に・・・)ちょこちょこ買ってしまいました。
洋食器は、ドイツで買ってしまうと思うのであまり送りませんでしたが、和食器はほとんど送りました。

あととても気になったのが生理用品です。
日本で使用しているような、ロング羽つき、などのものがドイツで売っているのか
わからず、ドイツに行く方に頼んでスパーなどを調査してきてもらいました。
ちゃんとあるんですね。安心しました。でも使いなれたものがいいかな?とも思いかなり買いこんで送りました。かさばりましたが・・・・。


12、ドイツに居る間の日本の金融機関などの通帳、印鑑などの保管、監理は
どのようにされる予定ですか?
そして、ドイツに行くにあたって、なにか金融関係で、準備したことは
ありますか?


2.3の銀行に用途別に振り分けていたのですが、1本にまとめるつもりです。
給料振込み口座をすべての支払い口座にまとめようと思っています。
その銀行の口座のネットバンキングを申し込み、ドイツからでも管理できるように
するつもりです。
固定資産税は代理人が支払わなければならないようで、それは実家の親に頼もうと思っています。印鑑など重要書類も実家の親に管理してもらいます。


13、お子さんの学校問題について、どの種類の学校に通わせようと考えていますか?

フランクフルト近辺に住む予定ですので、現地校、インター、日本人学校と
選択肢は色々ありましたが、日本人学校にしました。
長男はまだ1年生ですし、ドイツに行くことすら嫌がっていたので、とりあえず日本
人学校に通わせようと思います。
うちの子供は二人とも最初は人見知りをしたり、初めてのところでは少し引いてしまう性格ですのでドイツの環境に慣れるまで様子を見ます。

でも順応性はあると思うので、ドイツにいる間に子供の気持ちが変わるようであればインターでも現地校でも転校などが可能であれば、通わせたいと思っています。

お疲れ様でした。
また、ドイツに来てから、いろいろ話がちがうぞ、そんな事はなかったなどの戸惑いもありますので、いろいろ教えてくださいね。(続く)

そしてドイツに到着してしばらくして、再度ドイツに来る、来たときの印象を伺いました。


14、ドイツへの渡航に際して、なにか事前に情報を仕入れ、準備して、備えたものはありますか?(子供対策、飛行機対策など)

4歳の娘がぜんそく(風邪を引くとそれが引き金になって喘息がでます)なので、かかりつけの先生に相談しました。ドイツは医学も発達しているし、安心しなさいとのことでしたし、季節もいい季節なのであまり心配せずに来ました。

 

15、日本出国のときの空港、ドイツへ到着時の空港(税関)などでのなにか特記すべきことはありましたか?
(なにか正攻法でいけば、没収されるものを持ち込んだとか、検査は厳しかった/ゆるかったなど)

ちょうど戦争が始まるか?っていう微妙な時期で会社からイギリスやアメリカへの出張禁止命令が出たりして、私たちの渡独もどうなるか?という感じで不安でしたが無事予定通り出発しました。それだけに空港でのチェックはかなり厳しいだろうと心していたのですが、それほどでもなく拍子抜けしました。ただ、ドイツに来る1ヶ月前にノートパソコンを買い、手荷物でもっていたのでそれが見つかったら新品ということで税金をとられるので不安でした。しかしノーチェック。一応パソコンにシールを張ったりして少しでもずっと前から使ってます、状態に見せかけていましたが・・・。
ドイツでも全くノーチェックでびっくりしました。
私の母は3ヶ月間一人暮らしだった主人のために、色々な食品を持ち込んでおりこちらに着いてからびっくりしました。明太子、さつま揚げやごぼう天などの練り物、いかなごのくぎに(春の神戸の旬の食べ物です。)など。

 

16、飛行機の中の様子はいかがでしたか?お子様の様子はいかがでしたか?

主人が1月にすでにドイツ入りしていて、子供二人(7歳・男、4歳・女)と3人での渡独は少し不安でした。そこでドイツには旅慣れている私の母に同行をお願いしました。
母がいたので飛行機の中もあまり退屈せず、(それでも下の子は降りたいなどと無理なことを言っていましたが)
過ごしていました。もちろん新しい絵本やちょっとしたおもちゃ、などこっそり買って持ち込みここぞという時に登場させました。

 

17、選んだ航空会社とサービス(ファミリーサービスを使った/使わなかった)は実際にどのように感じましたか?

ルフトハンザを利用。ファミリーサービスは使いませんでした。スクリーンが小型テレビのような感じで見にくくちょっとびっくりしました。4本の映画が上映されましたが、日本語訳のあるのが1本だけでしかもつまらない映画で残念でした。期待していたのに・・・。チャイルドミールは事前に予約しており子供の好きそうなものばかりで喜んでいました。


18、手持ち(スーツケースに入れて)でドイツにもちこんだもので、持ってきた甲斐があるものはなんでしたか?

2ヶ月前に船便、2週間前にAIR便でほどんどのものを出していたので、当日は家に残ったものを持ち込んだという感じでしたので、特にありません。
前述の15のにもあるように、母の持ち込んだ食品はなかなか助かりました。
あと、和菓子好きの息子のために、母の友人がどら焼き100個(!!)栗饅頭100個(!!)をお餞別に下さり(一応お断りを。神戸のお菓子メーカーにお勤めの方からのお餞別です。)
こちらに着いてすぐに冷凍し、今でも大切に食べております。

 

19、ドイツに到着して、感じたこと(ドイツ人、ドイツという国に対して)はどんなことですか?

下の娘はドイツに着くなり元気がなくなりました。
空港を出たとたん、うつむいて歩きはじめ・・・。
とにかくドイツ人が怖かったようです。息子はそうでもありませんでしたが、二人とも2,3日は家から出ようとはしませんでした。外を歩いてる人を見るのも怖かったようです。
とても暖かくて驚きました。街には桜や木蓮が咲いていて日本とあまりかわらないのにもびっくりしました。
今のところドイツ人(その他の人種の方にも)親切にしてもらうことが多く気持ちがいいです。

 

20、買い物(普段のスーパーでの食材などの買出しで)に出かけて感じたことはなにかありますか?

海外旅行で何が好きってスーパーめぐりが大好きな私はわくわくしました。
今でも行きなれたスーパーでもつい楽しくてうろうろしています。
チョコ、乳製品、ソーセージ類、ワイン、ビールなどの種類の豊富さ、そして安さにびっくりですね!!
しかもおいしい!!
ただレンコン、ごぼう、こんにゃくが売っていないので(あるらしいとは聞いていますがまだ出会っていません)間違いなく筑前煮はできません。
商品の説明書きなどに英語も書いてあるだろうと思っていたのですが、すべてドイツ語なのに驚きました。(当たり前??)
でも何に使うんだろう?と考えるのもなかなか楽しくてチラシを持って帰って家で辞書を引いて調べたり。
あと、あまりに大きなスーパーは楽しいけれど疲れますね・・・。レジものんびりゆったりしているので時間がないときの買い物は絶対やめよう、と思いました。イライラして損をするだけです。

 

21、家財道具(家具、インテリア関連、キッチン用具)などを買出しにでかけて、日本との違いを何か感じたことがありますか?

何かにつけて日本の100均を思い出してしまいます。
やっぱり100均は素晴らしい!!
100均も今や「安かろう悪かろう」の時代ではなくなっていますから。
でもドイツの高いけど良いキッチン雑貨は少しずつ集めたいと思います。
タオル、カーペット、じゅうたんなど欲しいのですが、すべて原色であまり趣味の良い柄がなくがっかりしました。
もう少し淡い色合いや、上品な色目のものがあればなー、と思いますがそれはしょうがないですね・・・。
家具はとにかくでかくて重い!というイメージです。
色々欲しいのですが日本に持ち帰ることを考えるとためらってしまいます。住宅事情が・・・。

 

22、ドイツに来て、お子さんの状態はいかがですか?

日本人学校、幼稚園に通っていますが、最初は日本がいいと言っていた二人も時間は少しかかりましたが、今は楽しく通っています。
ドイツに行く事を教えた時にまず「ドイツには白いご飯とたまごある?」って聞いた娘。「あるよ」って答えたら、「じゃあ、行く」彼女は特に不満もなく暮らしております。
こんにゃく、たこ、えび、青菜類のおひたし、納豆などの和食好きの息子にはお金がかかります・・・。
すべて日本食スーパーに売っている高いものばかり・・・。
パンに関してはフランスパンでも中のふわふわより皮のぱりぱりが好きな私はドイツの固いパンもOKです。
しかし1ヶ月半にして日本の柔らかい食パンが恋しくなり持ってきたものの使ってなかったパン焼き機の登場!焼き立てを一人で半斤食べました・・・。

 

23、普段の食生活は日本に住んでいたときと比べてどう変化しましたか。それとも変化なしですか。

徒歩圏に日本食スーパーがあるので(高いのであまり利用しませんが)特に変化なしです。
しかも無人島にでも行くのか?と友人に笑われるほど日本食を色々船便で送った私ですので、今のところ間に合ってます。


24、他に何か感じたことは?

下着類があまりよいものがないとのことでしたので、パジャマなど買い込んで来ましたが、かわいいものが色々ありました。(質はわかりませんが)

靴が意外と高いので驚きました。(私用のミュールなど)

文房具が本当にかわいいものがなくてびっくり!
このキャラクターは何なんだ??といつ見ても思います。

麦茶が一年中冷蔵庫に入っている我が家にやかんを持ってくるのを忘れ困りました。
しかもふたが小さくてお茶パックなど入れにくいです。

お弁当箱も日本のものがいいです。

フィルムが高いと聞いていましたがそんなことありませんでした。

どうもありがとうございました。お子さんがちょっと元気がないというのが心配です。これから徐々にドイツの社会に溶け込んでいって馴染むといいですね。

 

 


 

 

 

SEO [PR] Mtg @ Yi ^T[o[@SEO