HOME

ベルリンレポート
レポーターTさん

ベルリンで年越ししてきました!
ベルリンは,私の想像以上に大都会でした.
東京23区よりちょっと大きいくらいらしいですが,どこまで行っても街の切れ目があ りません.
旧東ドイツを中心に,まさに建設ラッシュです.空き地もまだたくさんあって,多少 殺伐とした
雰囲気が漂っているようにも感じましたが,活気があり,これからどんど ん発展する街って気がします.

今まで行ったどの街ともちょっと違う感じがしました.
ヨーロッパの他の街とは全然違うし,むしろ,あの巨大さがアジア的に感じたくらい でした.
大晦日はブランデンブルク門でのカウントダウンに参加しました.
門のところでライブやっていて,ものすごい人でした. あちこちで花火とか爆竹をやっていて、
こっちの人は,花火を上に向けて人の多いと ころでも平気でやりますし,爆竹も人の有無の
関わらずポイポイ捨てて行くので,ち ょっとこわいです.
酔っぱらい率もまぁまぁ高いです. 見てる分にはおもしろいのですが・・・
場合によっては,ちょっとこわいなぁ〜と感 じるかもしれません.
小さいお子さん連れってのは厳しいかもしれません(実際,見 かけませんでした).
年が明けて花火が打ち上げられ,久しぶりに見る打ち上げ花火がとてもきれいで、
しみじみとしてしまいました.
日本だと,「さぁ,年越しが終わったからさっさと帰ろう」と、帰りの大混雑が予想 されるところですが,
すぐに帰る人はほとんどなく,すたすたとホテルまで歩いて帰 ることができました.

ベルリンでは,テロを警戒してか,アメリカ大使館,イギリス大使館,ユダヤ教会の前には
バリケードが築かれ,警戒態勢でした. 興味深く観察しました.
そういうのを見た後だっただけに,ブランデンブルク門での大混雑がちょっとこわく思ってしまったの
かもしれません.

元旦のベルリンの街・・・花火の残骸,ワインなど,アルコールの瓶が割れてあちこ ちに落ちていて、
まさに「祭りの後」といった感じでした. そして閑散としていました.

でも,また行きたいと思うベルリンでした.


レポーターAさん


ベルリンに行ってきました。

んもーーー、つかれたーーー。。

DBで南ドイツから片道7時間の旅でした。
ホントはライプツイッヒ、ドレスデンも回る予定でしたが、主人が絶対無理だって。と止めに入り、ベルリンのみに
なりましたが、それで大正解でした

ただ椅子に座っているだけの旅でも相当しんどかったです。

で、肝心なベルリンですが、この週末はラブパレードがあったんですね。
わたしは、ぜーーんぜん、リサーチせず、出かけちゃったんですよ。

その当日も朝から観光にいそしんでいるわけですが、ぜんぜんラブパレードのことは今ひとつわかっていない。

どこで気がついたかというと、ある郊外の観光ポイントから市内中央部に(ZOO駅)向かうバスの時刻表をみたら、12.7.2003 ラブパレードで○○から○○は通行止め。
みたいな事をかいてある。
12.7って今日じゃない!!
最初はへえ、ラブパレードが見れるんだ。ラッキーなんて思っていたのですが、すぐに後悔することになりました。

バスがきて、目的地のZoo駅に向かっていたのですが、なんだか途中で、変なところ(Deutsche Oper)へ向かう。
なんで?
これも?
途中でバスから降ろされて、そのヘンからなんだか異変に気づきました。
頭の色がカラフルなすごい格好した若者ばっかりで、
ホイッスルをみんなもっていて、ピーピー吹いている。

ああ、これがラブパレードなのね。。
と理解しました。

とにかく若者しかいない。
子連れや年配の人はどこにいるの?ってぐらいです。

その辺はダンスミュージックを大音量でがんがん鳴らし、踊りまくっている人の群れだらけでした。

もうそういう時代はトウの昔に卒業しているので、
とにかくこの場から離れなければ。。という感じで非難しました。(笑)

いたるところ通行止めですごい大変でした。
駅もシャンパンの大ビンを一人でのんでいる女の子(!)がいたり、
もう規模がちがいます(笑)

夫はベルリンは初めてで、「ベルリンはオクトーバーフェスト(これも大音量で飲めや、騒げや、酔っ払い多発)みたいなイカレポンチの集団がいっぱい」と思い切り勘違いをしていて、ベルリンはこの日は特別なんだから。。といって慰めました(笑)
(ほんとは歴史的建築物や、文化的財産がたくさんあって、いろいろな面でおもむきの深い町です)

 


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO