出生届と産後

助産婦さんの派遣  保険適用で、出産後10日目まで助産婦さんが自宅に来て、産後の経過をチェックしてくれます。
子宮の復古、授乳状態、入浴指導などが含まれます。助産婦リストをもらって、連絡を取っておきましょう。
10日目以降も母子の状態が悪い場合、保険適用で助産婦の訪問の延長が認められます。
小児科医の選択 少しずつ小児科医の情報を集めておくといいでしょう。
産後体操
Ru"ckbildungsgymnastikリュックビルドゥングスギムナスティック)
産後8ケ月まで、10回分の産後体操コースが保険適用で受けられます。
これも情報を集めておきましょう。
ビタミンKと目薬 産後すぐにビタミンKと抗生物質の目薬の投与の有無について確認されます。両親の一存で決められます
(私の出産した病院ではそうでした)ので、事前にどうするのか決めておくとよいでしょう。
名前 まだ分娩台の上にいるうちに子供の名前を聞かれます。(顔を見てから…という発想はあまりないらしい)
後で変更も出来ますが、考えておくと安心です。 

Back

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO