その1  子供が熱を出した




メンバーAさん
子供が高熱を出しました。。 日曜だったので緊急病院 に行きました。
インフルエンザを心配したもの、先生からは「可能性はある。」 で終わり。
今はなにもすることは無い。とのこと。 「週明けて、それでも熱が高かったら、小児科に行きなさい。」
と 紹介状らしきものをくれました。
「熱冷ましの坐薬(パラセタモール)は持っている」と言ったら、 薬さえ処方してくれませんでした。

そして、極めつけ。子供は 40度未満の熱を出しているのですが、
「39度以上のときは、 裸にしてパンツ一丁(おむつ一丁)で、部屋ですごすように。
また、ぬるい(冷たい30度位)お風呂にいれるのも効果的。」
と言われました。 ビックリ仰天でした。
日本では風邪をひいて熱を出したら、たくさん着せて、汗を出させなさい。
お風呂は厳禁。(しかも水風呂だなんて。) って鉄則じゃないですか。

こうも私の今までの常識を撃ち破ってくれるのははじめてで、
ほんと、ビックリしました。



これをうけ、べつのメンバーより、
パンツ一丁、水風呂についてのコメント。
これ、欧米では常識みたいですよ。 私もどうしても水風呂はできません



メンバーBさん

今回の場合、最初に私が内科に行き、すでに咳と鼻水でこれから熱がでそうな
状態だった子どもたちもいっしょに診てもらったのです。
そこで、ペニシリンを処方されました。
私は自分は一寸気管支に来てるかな?と 思ったし、子どもたちも結果的に高熱も出たし、
せっせと飲ませました。4日間も。
そして、今日月曜日。かかりつけの小児科に行くと
「なんで、その時点で熱もないのにペニシリンなんか処方された?」
と かかりつけ小児科ドクター激怒。もう絶対飲むな!というお達し。
最後は「そんなこというのは、何処の医者だ?」
と内科医の名前まで 言わされてしまいました。抗議の電話をかけそうな勢いでびびりました。

日本では「なんだかわからないけど、手遅れになると困るから 先に抗生物質」って
よくあるパターンだったので、気にせずに飲ませてしまい
(また自分がつらかったので、今から飲ませれば、子どもにはつらい思いを させない
可能性もあるかも・・・なんて考えてしまった)反省しました。



メンバーCさん

我が家も、1月、子供二人、たっぷり2週間風邪をひいていました。
今回、新しい発見だったのは、 3歳の下の子に、解熱剤、吐き気止め、咳止め、
すべて座薬が出されたことです。 吐き気があったためにこうなったのでしょう。
日本にいた頃は、ほとんど座薬は使ったことが無かったのですが、 最近では、
すっかり慣れてしまいました。
しかし、咳止めにも座薬があるとは初めて知りました。

これに対して、コメント。
これはお気をつけ下さい。座薬の咳止めは,急激に効きますし,
たぶん気管支拡張作用の強い物が多いのです。
つまり,たんを切れやすくする薬(かえってセキが出たりします・・・) ではなくて,
気管支の運動を低下させる物が多いのです。
なので,今回あまったわ,と言うことで次回また風邪を引いた時 の
セキにお使いになるのはちょっと注意が必要です。
たぶん,座薬を入れたらすぐにせきが治まり,お子さんはすやす や休まれた,
という感じだったと思います。
ゆえに,私は是非欲し いと思っているのですが,(うちの子は喘息もち)
危険も高いから もらえません。
通常,咳止めは飲む物で,(赤ちゃんでも)座薬は喘息患者などのひどいせきや
セキがひどくてはいてしまう時に処方される物が多 いと思います。



メンバーDさん

日本では、小児科のお医者さんって、内科も兼ねているところが多くあり ませんか?
特に、町医者。
私は、子供とともに、自分もよく診てもらったことがあるのですが、 こちらの小児科で
それをお願いしたら、すっぱり断られてしまいました。 小さな個人医院なのに。
母子共に病気、そして運悪く夫も不在のような場合、せめて、薬だけでもと思ったの
ですが、 だめなんですね。 これって、あたりまえなんでしょうか?


わたしが行っているところは、お母さんも診てもらっていますよ。
インフルエンザの予防接種など(母親の)もやってくれているし、 その予防接種がもとで
発熱したときのために、パラセタモール(解熱剤)まで処方してくれます。
でもこれはプリバート(私的保険)の患者に限るので、ゲゼッツエリッヒ(国民保険)は ダメ。
ゲゼッツエリッヒでは小児科の治療が保険で18才以上の費用は賄われないそうです。

診てくれる、くれないというのは医者によりけりと言う感じですね。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO